• TOP > 
  • 歯並び予防矯正|歯並び予防は妊婦さんから

マイナス1歳からの口腔育成

マイナス1歳からの口腔育成

お子さまのよくない歯並びを予防するには、妊娠中から取り組む必要があります。これは、「マイナス1歳からの口腔育成」であり、授乳時の注意や抱っこのしかた、理想的な育児グッズの選び方などを知っておくとよいのです。
こちらでは、名東区の歯科医院・歯医者「高針台デンタルオフィス」が、マタニティー歯科の大切さや、なぜマイナス1歳からなのかについてご説明します。子どもの歯が生えてからではなく、妊娠中から歯科医院に通って、赤ちゃんの口腔育成に努めていきましょう。

妊婦さんへ、生まれてくる赤ちゃんのあごは常に成長しています

妊婦さんへ、生まれてくる赤ちゃんのあごは常に成長しています

お子さまは生後1年の間に、すさまじく成長します。その1年の間にあごの成長を阻害する要因があれば、あごの発育不良が起こる可能性があります。そうならないように、妊娠中から生まれてくるお子さまの歯並び予防に取り組む必要があります。

当院が行っているのは、「マイナス1歳からの口腔育成」です。妊娠中に授乳の注意点や理想的な育児グッズの選び方などを学んでいただき、産後には離乳食の与え方などをアドバイスしています。

現代日本で生活している限り、歯並びが悪くなる原因をすべて取り除くのは難しいかもしれません。ですが、歯並び不正の原因をすべてなくすことはできなくても、妊娠中から取り組むことで重症化を防ぐことは可能です。

歯並び予防は妊婦さんのときから始まります

歯並び予防は妊婦さんのときから始まります

あごの発育不良の原因は、当たり前のように行っている毎日の育児の中に存在しています。例えば、お母さんのおなかの中での姿勢、母乳かミルクか、抱っこの姿勢、寝かせ方、ハイハイのしかた、離乳食の内容や与え方、運動できる環境……これらをどのように行うかで、お子さまの口腔とあごの成長の方向性は変わってきます。となると、子どもの歯が生えてから来院していていただくのでは間に合いません。

当院では、妊産婦の方へのマタニティー歯科そして歯並び予防に力を入れています。妊娠中から口腔育成の指導を実施。産後6ヶ月ごろに再度来院していただき、今までの保育状況を踏まえて、離乳食の指導を行います。

歯並び不正の予防が必要な理由
歯並び不正の予防が必要な理由

歯並びの乱れは、お子さまの成長に様々な悪影響を及ぼします。例えば、歯みがきがしっかり行えず、みがき残しが発生することで、将来虫歯や歯周病になりやすくなったり、歯に無理な力がかかったり。これにより、歯を早く失う可能性が生まれてしまうのです。

「歯並びは悪くなってから治療を開始すればいい」
そう思っている方はいませんか? 実は、成長期が過ぎてからの矯正治療ではあごの成長不良を治すことはできません。成長期を過ぎると歯並びだけを動かすことになり、呼吸や姿勢など根本的な問題を解決することはできないのです。

歯並びが悪くならないよう、乳児の頃から予防するためには、さまざまな取り組みが必要です。当院では、あごの成長不良を起こすリスクがあるものを乳幼児の頃からできるだけなくしていき、良い成長へと導いていくための歯並び予防を行っています。

マイナス1歳からの歯並び予防
マイナス1歳からの歯並び予防

歯並びが悪くなる原因は、以前は骨格の遺伝的な影響が大きいと思われてきました。しかし、最近では、「口呼吸」「飲み込み時に舌が前に出る」「舌の位置が下がっている」など、後天的な問題によって、歯並びを悪くさせることが多いことがわかってきたのです。

唇や舌などの正常な成長は、乳幼児期の習慣と大きく関係しています。母乳を吸ったり、離乳食を食べたりすることで、本来は正常な方向へ導かれます。しかし授乳や離乳食の与え方に問題があると、お口の機能が正しく発達できず、歯並びを悪くすることがあるのです。

授乳や離乳食の与え方などを適切な方法で行うことで、歯並びが悪くなるのを防ぐことができます。さらにお子さまが生まれる前、すなわち妊娠中から様々な取り組みを行うことで、効果的に歯並び予防をすることが可能です。これがマイナス1歳からの歯並び予防です。

6歳から始める「マイオブレース®予防矯正」
6歳から始める「マイオブレース®予防矯正」

当院では、すでに歯並びが悪くなり始めたお子さまに対しては、6歳からの矯正である「マイオブレース®予防矯正」を行っています。

マイオブレース®予防矯正では、あごの成長を正しい方向に導くことを目指しています。当院では「お子さまの歯並びの悩みを8歳までになくす」ことを目標に、「歯並び不正の予防」を行っています。

トップへ戻る