• TOP > 
  • 6歳からの予防矯正|マイオブレース®予防矯正とは

Myobrace
6歳からの予防矯正

6歳から始める予防矯正

「子どもの歯並びが気になる」「でも、いつになったら矯正を始めたらいいの?」とお悩みの親御さまへ。当院では、お子さまの矯正では小学校入学前後の6歳の頃に検討し始めることをおすすめしています。

こちらでは、名古屋市名東区の歯医者「高針台デンタルオフィス」が行う「マイオブレース®予防矯正」の概要や特長についてご説明します。小児予防矯正を開始するのに適した時期や、他の小児矯正との違いについてもご紹介していますので参考にしてください。

マイオブレース®予防矯正とは

マイオブレース®予防矯正とは

「歯並びの乱れは遺伝だから仕方がない」このように考えている保護者さまはいませんか?歯並びが悪くなる原因は遺伝ではなく、実は後天的な要素のほうが大きいのです。

中でも、お口まわりの筋機能が正しくはたらかず、あごの発育が悪いまま育ってしまうケースが多くあります。そのようなケースでは、いくら歯並びだけ整えても、筋機能が正しく治っていなければ、また元に戻ってしまいます。

マイオブレース®予防矯正とは、ブラケットやワイヤーを使わずに歯並びを整えていく予防的な治療です。マイオブレース®と呼ばれるマウスピースを装着し、毎日、筋機能を訓練することによって歯並びの乱れをより自然な方法で整えていきます。

歯並びの乱れが起こっている子どもの場合、上あごの骨の発育のしかたが悪く「あごの発育不良」が起きています。マイオブレース®予防矯正を行うことで、悪いまま育ってしまっているあごの発育の改善を促すことが可能です。

また、あごの発育には、頬や舌、唇を含めたお口まわりの筋肉の使い方が大きく影響します。マイオブレース®予防矯正で行う筋機能の訓練では、あごの発育不良を改善します。これによって、歯並びの乱れの根本的な解決をはかっているのです。

マイオブレース®予防矯正ってどんなことをするの?

マイオブレース®予防矯正は、次のことを行います。

  • マウスピースを日中1時間と就寝時に毎日装着する
  • 保護者の方といっしょに毎日2回のトレーニング(アクティビティ)を実施する
  • 月に1回当院でのトレーニングを受ける
  • 歯並びの乱れが大きい場合や年齢が進んでいる場合は、舌が口の天井に付かないため、他の装置を途中4カ月程度使用して、舌が入るスペースを作る
マイオブレース®予防矯正とは
トレーニングって何?
トレーニングって何?

トレーニングでは、鼻呼吸と正しい飲み込みを指導し、舌の位置が安定するよう導きます。この訓練によって、あごの発育不良を起こしている原因を取り除き、あごの骨の自然な発育を促すことが可能です。そして、結果的に歯並びが整うことにつながるのです。

治療対象年齢は?
治療対象年齢は?

伝えたことが理解できる5歳以降で、永久歯に生え替わるまでの混合歯列期のお子さまです。トレーニングの目安はおよそ2年程度。正しい呼吸方法をマスターできて、よい癖がつけば、治療の完了です。

毎日のトレーニングの内容自体はそれほど難しいものではありません。しかし一番大変なのは「継続する」ということです。癖づける、習慣づける、正しい状態になっているか確認する、というように、根気よくステップを踏む必要があります。

ですから、お子さまだけに任せていてはいけません。お子さまの頑張りと、保護者さまの協力が不可欠です。適切な時期に開始して、お子さまとご家族で一緒に頑張れば、自力であごの成長不良を改善し、歯並びを整えることができるのです。

トレーニングで用いるマウスピースについて

マイオブレース®予防矯正で用いるマウスピースは、シリコン製の柔らかいタイプと、ポリウレタン製の硬めのタイプがあります。お口の状態に合わせて、シリコンタイプからポリウレタンタイプに移行します。

高針台デンタルオフィスはマイオブレース®メンバーです

当院は、マイオブレース®を開発しているオーストラリアのMyofunctional Research Co.(MRC)が提示する医院基準を満たした歯科医院です。平成30年5月に、MRCと正式に契約し、日本で99番目のMyobrace® Memberに加盟しました。

マイオブレース®システムによる予防矯正を正確に行える数少ない歯科医院として、子どもたちに起きている頭とあごの成長不良による健康被害を予防することを目指しています。お子さまの歯並びが気になる方は、早めにご相談ください。

治療の目標は?
  • ①鼻から呼吸できる
  • ②必要な時以外は口を閉じている
  • ③舌は上あごに位置している
  • ④飲み込む時に口の周りが動かない
  • ⑤健康的な顔面の発育
  • ⑥きれいな歯並び
  • ⑦リテーナー(後戻り防止装置)を必要としない

大切なお子さまの健全な成長のため、マイオブレース®は様々な効果をもたらします。マイオブレース®予防矯正についてご不明な点は、当院までお気軽にお問い合わせください。

マイオブレース®の特長

後戻りが少ない

お口まわりの筋肉を鍛えながら、歯並びの乱れの根本的な原因を取り除くことを目指します。自分の筋肉の力によって、骨が成長し歯が動いていくため、本来の正しい歯並びを実現でき、後戻りが起きにくくなります。

健康的な顔立ちに変わる

歯並びの見栄えだけを治す従来の矯正治療とは異なり、あごの骨の発育を促していく治療です。このため自然でより健康的な顔立ちに変化してきます。ただし、治療のスタートが遅くなると、あまり顔立ちの変化は起こりません。

ストレスが少ない

マウスピースを装着するのは日中1時間と就寝中です。学校や遊びに行っているときには装着しないので、家族以外から矯正していることが気づかれにくくなります。ブラケット矯正よりも痛みも少なく、お子さまにとって矯正のストレスが少なくなります。

負担が軽い

身体的にも費用的にも負担の軽い矯正治療です。金額的には従来のブラケット矯正の半分程度で済みます。また、矯正にもっとも適している時期に行えば、約2年で予防矯正が完了します。

理想的な噛み合わせに導ける

歯並びや噛み合わせの不正を起こしている根本原因を取り除くことにより、歯並びの見た目が整うだけでなく、理想的な噛み合わせに導くことができます。バランスよい噛み合わせを実現できるので、虫歯リスクも抑えられます。

お口まわりのバランスが整う

マウスピースで直接歯を動かすのではなく、筋機能の改善をはかることであごの発育を促し、お口まわりのバランスを整えていきます。

抜歯が不要

筋機能のトレーニングによって歯並びを整える治療なので、歯を抜く必要はありません。従来の矯正治療において抜歯や骨切り手術が必要なケースであっても、最適な時期に行えば歯を抜かずに歯並びを整えられることがあります。

鼻呼吸の習慣もつく

トレーニングによって舌の位置を安定させて、口呼吸から鼻呼吸へ促します。鼻呼吸の習慣をつけることによって、様々な全身的な症状を抑えることにつながります。。

マイオブレース®と他の矯正の違い

ここでは、お子さまを対象に行われている代表的な矯正治療を紹介します。お子さまのご年齢、治療への協力度、通院可能な期間などにより最適な治療方法が変わります。お子さまの歯並びにお悩みの場合、早めにご相談ください。

主な小児の矯正法 メリット デメリット
ブラケット矯正
(2期治療)
ブラケット矯正
  • 確実に歯を移動できる
  • 細かく位置を決めて移動できる
  • 固定式なので子どもが勝手に外してしまうことはない
  • 症例が豊富なので、様々な歯並びや噛み合わせの不正に対応できる
  • 成長期を超えた場合は治療の第一選択となる
  • 矯正医に広く用いられており信頼性の高い治療である
  • 多くの場合、抜歯が必要で気道が狭くなることがある
  • 歯の根が吸収されて根が短くなってしまうことがある
  • 矯正装置が目立つ
  • 矯正装置によって痛むことがある
  • 永久歯が生えそろってからしか本格的に行えない
  • 治療期間が長い
  • 後戻りが起きるため、後戻り防止装置が必要
  • 矯正中は歯みがきがしにくく虫歯になりやすい
  • 歯列の変化のみで骨格や顔のよい変化は起こらない
  • 費用がもっとも高額
  • 根本的な原因を取り除くことができない
可撤式矯正装置
(1期治療)
拡大床
FKO
etc
床矯正
床矯正
  • 歯を抜かずに治療できる場合がある
  • 取り外しできるので、装置の手入れや歯みがきが容易に行える
  • ほとんど痛みがない。
  • 1期治療だけで治療を終えられれば、費用は安価で済む
  • 取り外しできるので、お子さまが装置を入れてくれなければ、治療ができない
  • 装置の取り扱いをお子さま任せにすると、トラブルが発生しやすくなる
  • 装置を正しく扱わないと、治療に時間がかかるなど、よい治療結果が得られない
  • 適応年齢が限られている
  • 噛み合わせ不正の種類によっては対応できなかったり、十分な改善効果が期待できなかったりする
  • 床矯正だけで完結せず、ブラケット治療の前段階として使われることが多い
  • 原因が取り除けていないため、後戻りを起こす
固定式矯正装置
(1期治療)
クワッドヘリックス
急速拡大装置
床矯正
床矯正
  • 歯を抜かずに治療できる場合がある
  • 取り外せないため、子どもが勝手にはずしてしまうことがない
  • 確実に歯を移動できる
  • クワッドヘリックスではほとんど痛みがない。
  • 1期治療だけで治療を終えられれば、費用は安価で済む
  • 装置の取り扱いをお子さま任せにすると、トラブルが発生しやすくなる
  • 急速拡大装置では一時的に痛みが生じる
  • 原因が取り除けていないため、後戻りを起こす
  • 後戻りが起きるため、後戻り防止装置が必要
  • 適応年齢が限られている
  • 矯正中は歯みがきがしにくく虫歯になりやすい
  • これだけで完結せず、ブラケット治療の前段階として使われることが多い
マイオブレース®
予防矯正
マイオブレース®予防矯正
マイオブレース®予防矯正
マイオブレース®予防矯正
  • お口周りの筋肉を鍛えながら原因を取り除くので、後戻りが少なく、その人本来の歯並びを実現することができる
  • 前歯、奥歯ともよく噛める、バランスのよい噛み合わせが得られる
  • 基本的に外出中は使用しないため、矯正していることがわかりにくい
  • 虫歯になりにくい
  • 原因から治すことにより、歯並び以外の多くの問題を未然に解決できる
  • 健康的な顔立ちに変化する
  • 原則的に治療による痛みはない
  • 従来の矯正治療の半額程度で済む
  • 1次治療と2次治療という概念がないため、マイオブレース®だけで完結する
  • 最適齢期の6~8歳であれば2年程度で完了することが多い
  • 正しく使用しないと、十分な効果が得られない
  • 歯科医院での指導を守れないお子さまや保護者の方には不向き。
  • 適齢期が5~10歳と限られており、適齢期を過ぎると効果が得られにくくなる
  • マイオブレース®システムを行える歯科医院がまだ少なく、知名度が低い

表を横スクロールしてご覧ください。

マイオブレース®予防矯正の適齢期
マイオブレース®の適齢期

矯正治療としてもっとも一般的なブラケット矯正では、永久歯が生えそろってから本格的に開始します。それに対し、マイオブレース®システムは5歳からスタートできる予防矯正です。

マイオブレース®予防矯正の適齢期は5~10歳であり、最適齢期は6~8歳。当院では、トレーニングやマウスピースについて理解することができ、あごの成長が期待できる6歳からがベストと考えています。小学校入学前後をめどに矯正を考えてみましょう。

マイオブレースR予防矯正の料金

500,000(税抜)~

※詳細はお問い合わせください。

トップへ戻る