★市販のガムと歯医者のガムってなにが違うの?★

★市販のガムと歯医者のガムってなにが違うの?★

★市販のガムと歯医者のガムってなにが違うの?★

こんにちは、歯科衛生士の市川です。

6月から当院で勤めさせて頂き、今月で3か月が経ちました。

毎日予防の面から、MRCの面からさまざまな観点で勉強させて頂ける環境で、充実した日々を過ごしております。

 

さて、本日はガムについてお話したいと思います🌸

 

みなさんはいつもガムを買うときには、スーパーやコンビニなど市販で売っているガムを買う方が多いのではないでしょうか?

また、歯科で売っているガムは高いというイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。

 

では、今日は市販のガムと歯科で販売しているガムの違いをお話したいと思います!

 

まず、よく聞くキシリトールとはどのようなものかをお話したいと思います。

ムシ歯の原因であるむし歯菌が出す「酸」を抑制する作用がある。

ガムを噛むことにより、唾液がよく出るようになり、むし歯予防にとても効果がある。

長期間(3ヶ月以上)使用するとむし歯菌の数を減らす作用がある。

食後にガムを噛むと、酸性に傾いたお口の中をすばやく中性に近づけ、むし歯が出来にくい環境にする。

歯垢のネバネバをサラサラに変え、虫歯になりにくくする

歯の再石灰化を助ける働きがある

カロリーは砂糖の75%程度なのに清涼感のある甘みが強く、口の中をリフレッシュさせてくれる

 

などの作用があります。

キシリトールガムといってもたくさんの商品が販売されていますが、甘味料がキシリトール60%以上でないと上記の効果はないといわれています。

 

市販のものはキシリトール50~60%しか入っていないのに対して

歯科で販売しているものは、、、なんと100%含まれています!Σ

 

キシリトールのパーセントが高いものを選ぶようにして、虫歯を一緒に予防していきましょう!

 

 

当院の受付前でミント味マスカット味オレンジ味の三種類がございますので、ぜひお手に取ってみてください★

 

スタッフ一同ご来院お待ちしております☆

トップへ戻る