• TOP > 
  • 一般治療

高針台デンタルオフィスの一般治療

高針台デンタルオフィスの一般治療

お口の悩みを「ちょっと気になるだけだから」と放っておくと、毎日の生活に支障をきたすおそれがあります。

「高針台デンタルオフィス」では、患者さまの予防計画において今の症状を「これ以上悪くしない」ことを目標にしています。このことを「3次予防」と呼んでいます。しっかり治療して、本来の歯が持つ機能を取り戻しましょう。

治療を行っても、そこには人工物を接着剤で付けただけ。その後、必ず悪くなっていきます。当院では、歯が長持ちする治療をご提供することを目指しています。そのため、信頼度の高い治療も含めた、幅広い治療の選択肢をご提示します。治療後のメンテナンスをしっかりと行うことで、治療した部位をできるだけ長く持たせることができるのです。

当院は名古屋市名東区にある歯科医院。予防を重視した治療を行っています。ここでは当院の虫歯治療・神経の治療・かぶせ物の治療・歯周病治療・歯を失った部分の治療・審美治療・ホワイトニング・無痛治療についてご説明します。

無痛治療についてもご説明します。お口のことで何かお困りなら、早めにご相談ください。

虫歯の治療

虫歯はできた位置や大きさによって埋める方法が変わってきます。

コンポジットレジン(保険適用)

初期の虫歯であれば、保険適用による白い詰め物も可能です。コンポジットレジンとは、強度のあるプラスチックの白い材料を詰める治療法のこと。セラミック治療に比べて費用は安く済み、銀歯よりも削る量が少なくて済みます。

デメリットとしては経年によって変色する恐れがある点です。また、噛む力が強い人の場合、すり減ったり割れてしまう可能性が高くなります。なお、神経にまで到達した重度の虫歯治療では対象外となります。
虫歯の治療

表を横スクロールしてご覧ください。

インレー
セラミックインレー(e-max)

ニケイ酸リチウムガラスを主材料としたオールセラミックの審美素材です。審美性にとても優れ、天然の歯と見分けのつかない色調や透明感を再現することができます。金属を一切使用しないので、金属アレルギーを起こす心配もありません。

やわらかすぎず、硬すぎないので、強い力がかかった場合にも噛み合う歯を傷める可能性が少なくなります。噛む力が強い人や歯ぎしりのある方の場合、割れてしまう可能性があります。

料金:50,000(税抜)/1本

虫歯の治療
ゴールドインレー 文字通りゴールドの材料を用いています。天然の歯に近い硬さなので、周囲の歯や噛みあう歯を傷めないのが特徴のひとつ。ぴったりと歯におさまり、歯とかぶせ物の間から虫歯ができにくいのも魅力です。

料金:40,000(税抜)/1本

虫歯の治療
金銀パラジウムインレー(保険適用) いわゆる、一般的な“銀歯”です。金、銀、パラジウムなどを使った合金素材でできています。健康保険を適用できるというメリットがある一方、色が目立つ、金属アレルギーになる可能性がある、というデメリットもあります。また、2次虫歯になりやすいのも注意したいポイントです。 虫歯の治療

表を横スクロールしてご覧ください。

無痛治療

子どもの頃に受けた虫歯治療によって、「虫歯治療は痛い」「歯医者さんは怖い」といったトラウマのある方はいらっしゃいませんか? 当院では、表面麻酔や電動麻酔器を用いることで、できる限り痛みや不安のない治療に努めています。

無痛治療の手順

当院では次の処置や器具を使用することによって、痛みを極力減らしています。

表面麻酔

針を刺す場所の歯ぐきの表面に麻酔薬を塗布し、歯ぐきを麻痺させます。これによって、注射針を刺すときの痛みを減らすことができます。塗布する麻酔薬は甘いフルーツ風味なので、お子様にも安心です。

極力細い針を使用

注射針を刺すときの痛みを抑えるため、細い針を用いています。当院では、もっとも細い33ゲージの針を使用しています。

麻酔薬カートリッジウォーマー

麻酔薬の温度と体温を同じくらいに麻酔薬を温めることによって、液体が体内に注入されるときの刺激を減らしています。

電動麻酔器
電動麻酔器

手動による注射では必要以上に力が加わり、麻酔液が体内に注入されるときの圧力が苦痛を引き起こすことも。電動麻酔器の場合には、ゆっくりと一定の速度で麻酔の液を注入していくので、生体的に抵抗がなく、注射されている感覚もほとんどありません。

神経の治療

神経の治療

虫歯が大きくなったり、歯を強くぶつけたりしてしまうと、神経を取る治療が必要となります。また、一度神経の治療がされている歯に再度虫歯ができた場合、神経の再治療が必要です

神経の治療で最も大切なことは、無菌的に治療することです。でも、口の中はバイ菌だらけ。唾液が少しでも歯の根に入ってしまうと、根の中にバイ菌が入り込んで、時間をかけて骨を溶かしてしまいます。

当院では、神経を治療する際には必ず「ラバーダム」を使用します。これはゴムのマスクのようなもので、装着することで唾液が歯の根に入るのを防ぎ、神経の治療を行うことができます。

神経の治療

ラバーダムを使うと、治療中口が開きっぱなしになってしまいます。しかし、これは神経を治療するうえでとても大切なもの。患者さまにご協力いただいて治療を進めていきますので、ご了承ください。

かぶせ物(クラウン)の治療

かぶせ物(クラウン)の治療

虫歯が大きい歯や神経を取る治療をした歯には、歯の形をしたかぶせ物を使います。長持ちさせるためには、より精密でぴったりとしたかぶせ物であることが大切です。

患者さまに信頼性の高い治療法を選んでいただくことは、そのまま歯を“長持ちさせる”ことにつながります。ですから、「どの治療を受けるか」という選択も、予防治療のひとつと言えるでしょう。

歯はお顔の中心にあり、対面したときに目につきやすい場所です。会話したり笑ったりして大きく口を開けると、昔の虫歯治療で用いた銀歯が白い歯列の中で目立ってしまうかも!? 白く輝く美しい口元なら、自信を持った明るい笑顔を実現できます。

かぶせ物(クラウン)の治療

当院では、ジルコニアやメタルボンドなど、審美技術を積極的に取り入れています。「歯の色やかたちが気になる…」「口元のコンプレックスを解消して、自然な笑顔になりたい…」という方は、ぜひご相談ください。

かぶせ物・審美歯科メニュー
ジルコニア
セラミックス

ジルコニアは別名「人工ダイヤ」とも言われ、歯科用ジルコニアの場合は、白くて非常に硬い素材です。ジルコニアで作られたフレームの上にセラミックを焼き付けたものがジルコニアセラミックスです。金属を全く使わないため金属アレルギーの心配がありません。審美性の高さから、透き通るような自然な見た目に仕上がります。

料金:120,000(税抜)/1本

かぶせ物・審美歯科メニュー
メタル
ボンド
ポーセレン

金属のフレームにセラミックを焼きつけた審美素材です。セラミックの場合、欠けたり割れたりといった心配がありますが、メタルボンドの場合、金属で補強しているので耐久性も兼ね備えています。

デメリットは、金属を使用しているため、ジルコニアセラミックスに比べると透明感や色調でやや劣る点です。金属アレルギーのリスクもあります。

料金:100,000(税抜)105,000(税抜)/1本

かぶせ物・審美歯科メニュー
オール
ジルコニア
クラウン
すべてジルコニアでできたかぶせ物です。ジルコニアは、「白くてきれい」「強くて丈夫」「人体に優しい」という特徴があります。補強のための金属も必要ないので、金属アレルギーの人も安心です。強度の高さから、臼歯部に使用されるかぶせ物でもあります。いかぶせ物ではありますが、セラミックが使われたものに比べ、やや見た目には劣ります。また、歯よりも硬いこともデメリットの一つです。

料金:80,000(税抜)/1本

かぶせ物・審美歯科メニュー
ゴールド
クラウン

かぶせ物に文字通り金合金の素材を使ったものです。金合金はしなやかな素材で、歯との適合性がよいという特徴があります。歯とかぶせ物の隙間をぴったりふさぐことも可能ですので、これにより、二次カリエスを予防できるのも大きな特徴のひとつでしょう。また、自然の歯に近い硬さなので歯を傷めず、ほかの歯との境目が黒くならないのも魅力です。

このように、かぶせ物として理想的な条件を備えるゴールドクラウンですが、目立つ色のため審美性を考えると奥歯への使用が望ましいでしょう。

料金:75,000(税抜)/1本

かぶせ物・審美歯科メニュー
金銀
パラジウム
クラウン
(保険適用)

いわゆる“銀歯”と呼ばれるかぶせ物です。全体が金銀パラジウム合金でできています。おもなメリットとしては、金属なので強度があることが挙げられます。また、保険を適用できるため、治療費を抑えることもできます。

その一方で、金属部分が目立つというデメリットもあります。くわえて金属アレルギーを起こす可能性もあるため、不安な人は治療前に一度医師に相談することをおすすめします。
かぶせ物・審美歯科メニュー

表を横スクロールしてご覧ください。

歯を失った部分の治療(ブリッジ・入れ歯・インプラント)

歯を失った部分の治療(ブリッジ・入れ歯・インプラント)

歯を失うと、噛めなくなるばかりでなく、体の一部を失ったような喪失感がありますよね。だからこそ、できる限り機能も審美も回復して、元通りの生活ができるようにしたいですね。
歯を失った際の治療法は、基本的に以下の3つです。
どれが一番優れているということはなく、それぞれに利点欠点があり、状況によって最も優先される治療法は変わってきます。
一緒に相談し、よく理解したうえで選びましょう。

ブリッジ
ブリッジ

抜歯や事故により、自分の歯を完全に失くした場合、そのままにしておくと隣の歯が倒れてきたり、噛みあう歯が伸びてきたりして全体のバランスが崩れてきます。このように、失った歯を補うためにはブリッジという治療法があります。ブリッジとは、歯を失った部分の両隣にある歯を削り、人工の歯をかぶせる治療です。文字通り、自分の歯を“ブリッジ(橋げた)”として使用するのが特徴です。

メリットとデメリット

ブリッジは、入れ歯とは違い義歯を固定する治療法です。そのため装着時に違和感が少ないのが魅力です。費用をかければ見た目も美しく仕上がり、自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。また、2本以内の欠損であれば保険を使うことも可能です。最短2~3回の通院で、早ければ1週間という短期間で治療を終わらせられるので、忙しい人にもおすすめの治療法です。

その一方、ブリッジを固定するために両隣の健康な歯を削る必要がある、というデメリットもあります。元々健康な歯にブリッジを装着することで、その歯の寿命が短くなる可能もあるのです。たとえば3本の欠損部分を補う場合、3本分の力が両端にある2本の歯にかかるわけです。欠損部分が多いほど、両端の歯にかかる負担が大きくなることを覚えておきましょう。また、場合によってはブリッジをつけたことで空気が漏れ、発音に問題が生じる可能性もあります。さらに、口の中が不衛生になりやすい点も、忘れてはいけないポイントです。

入れ歯治療
入れ歯治療

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、そのままにしておくと、しっかり噛めず食事がとれないだけではありません。心身の様々な部分に悪影響を及ぼす恐れがあります。

入れ歯治療

ぴったり合う入れ歯でよく噛めるようになると、健康改善につながります。「硬いものが噛めない」「すぐに外れる」「見栄えがよくない」「入れ歯をはめていると痛い」など、入れ歯・義歯にトラブルを抱えている方はお気軽にご相談ください。入れ歯の作製や調整によって、しっかり噛める毎日を取り戻しましょう。

保険と自費の違い

入れ歯には保険適用の入れ歯と自費の入れ歯があります。保険適用の入れ歯は、最低限の「噛む機能の回復」を目指しています。このため、入れ歯に用いる素材と作り方に制限があるのです。これに対して、自費の入れ歯には「しっかり噛める」「一見して入れ歯とわかりにくい」など、様々な特長があります。もちろん自費の入れ歯は費用が高くなります。

当院では患者さまとのカウンセリングをしっかり行って、患者さまに合った入れ歯のご提案を行います。また、治療後の調整やアフターフォローもしっかり行っていますので、入れ歯の製作は安心してお任せください。

代表的な入れ歯の種類
レジン床義歯
(保険適用)
保険適用の入れ歯です。入れ歯の土台となる「床」部分が、歯科用レジン(プラスチック)でつくられています。食べ物の温かさや冷たさが伝わりにくいため、食事がおいしく感じられないことも。また、強度を保つため床が分厚くなり、違和感を生じることがあります。 代表的な入れ歯の種類
金属床義歯 自費の入れ歯です。「床」の部分が金属で作られている入れ歯で、強度があり、床を薄くすることが可能です。食べ物の温かさや冷たさを感じやすく、お口に装着した場合の違和感も少なくなります。 また、部分入れ歯の場合は、かぶせ物との同時作成であれば、歯と留め金で留めるかぶせ物を精密に作成し、強固で揺れが少ない義歯を作ることが可能です。

料金:300,000(税抜)400,000(税抜)

代表的な入れ歯の種類
ノンクラスプデンチャー 自費の部分入れ歯です。「クラスプ」とは部分入れ歯を装着するときの留め具で、保険の入れ歯では金属製です。「ノンクラスプデンチャー」は金属の留め具を使用しないため、外から見て入れ歯と分かりにくくなります。
留め具の力は金属と比べるとやや弱く、留め具の留める力が弱くなってくると、金属の留め具のように調整することが難しく、作り直しが必要になります。

料金:80,000(税抜)150,000(税抜)

代表的な入れ歯の種類

表を横スクロールしてご覧ください。

インプラント治療
インプラント治療

歯を補う治療のひとつ、インプラント。まるで天然歯のような見た目と、自分の歯のような噛み心地を再現できるので、「乳歯」「永久歯」に続く、「第3の歯」と言われることも。

入れ歯よりもしっかり噛むことができ、食事や会話も自由に楽しめます。口元の見た目もよくなり、自然な笑顔になれるという方もいらっしゃいます。歯を失ってお悩みの方は、インプラントという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

料金:400,000(税抜)~/1本

インプラント治療とは
インプラント治療とは

インプラントとは、歯を失った部分の骨に人工歯根を手術によって埋め込み、歯の機能性と審美性を回復させる治療法です。使用されるのは、体との相性のよいチタン製のインプラント。この人工歯根にセラミックや金属の人工歯を装着することによって、歯の機能を回復することが可能です。

生体親和性の高いチタン製の人工歯根は、あごの骨としっかり結びつくので、噛む力がよみがえります。自然で白いセラミックの人工歯を装着すれば、見た目も機能もまるで自分の歯を取り戻したかのよう。

インプラント治療は手術が必要な治療で、傷の回復期間も含め、通常の場合3ヶ月以上かかります。インプラントを埋め込むための骨量が不足する場合は、骨の厚みを増やすために、さらに数ヶ月を要することがあります。

メリットとデメリット
メリット デメリット
  • ・自分の歯のように美しい
  • ・しっかり噛むことができる
  • ・入れ歯のような違和感がない
  • ・噛む刺激が骨に直接伝わるため、あごの骨が痩せにくくなる
  • ・金属アレルギーの心配もほとんどない
  • ・保険が適用されないため高額になる
  • ・手術が必要
  • ・持病をお持ちの方は、治療を受けられないこともある
  • ・治療期間が3~6ヶ月と長期間

なお、失った歯の機能を補う方法としては、他に入れ歯やブリッジがあります。入れ歯やブリッジでは、支えとなる歯が必要です。これによって、支えとなる健康な歯に影響を及ぼすことも。インプラントは周りの歯に負担をかけないので、ご自身の歯を長持ちさせるのにも役立ちます。

当院の治療方針
当院の治療方針

インプラントは手術を必要とする治療であり、あごの骨の形状や厚み、骨量、歯や血管の位置などをしっかり把握して処置を行う必要があります。このためにも、治療前の検査には正確性や精密さが求められます。さらに、スキルや知識を常に更新していくことも必要です。

当院では、新しい情報を手に入れながら、日々研鑽を積み重ねています。治療開始前には、カウンセリングにおいてメリット・デメリットも含め丁寧にご説明していますので、インプラント治療に興味のある方は、一度当院へご相談ください。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、糖尿病や高血圧と同様、生活習慣病の一種と言われています。歯周病はまず、プラークと呼ばれる細菌の塊が歯と歯の間に溜まり、歯石に変化するところから始まります。この歯石が付着したままになっていると歯肉の炎症を起こし、次第に骨を溶かしていきます。歯は骨の中に埋まっているので、骨がなくなると次第に歯の支えがなくなっていくのです。

歯周病の怖いところは、初期段階では痛みを感じない点にあります。痛みや症状が出てきたときには、重度の状態になっていることを覚えておきましょう。また、歯周病菌を体内から完全に除菌する方法はまだ解明されていません。そのため、早期発見・早期治療が歯周病の進行を防ぎ、自分の歯を守るカギとなるのです。

歯周病の進行段階と症状

歯周病は進行段階によって歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯周炎はさらに「軽度」「中度」「重度」の3段階に分けられます。

歯肉炎 歯周病の初期段階の症状で、歯ぐきに炎症が起きています。歯みがきの際に出血することがあります。歯みがきをしっかり行うことで健康な状態に戻ります。 歯周病の進行段階と症状
軽度歯周炎 歯ぐきが腫れ、炎症が歯周組織まで広がります。歯と歯ぐきの間の溝である「歯周ポケット」が深くなり、歯垢や歯石が歯周ポケットに溜まりやすくなります。 歯周病の進行段階と症状
中等度歯周炎 歯ぐきの炎症が進み、歯周ポケットがさらに深くなります。歯を支える骨の破壊が進み、歯がグラつくようになります。口臭が気になることも。 歯周病の進行段階と症状
重度歯周炎 歯ぐきの炎症が拡大し、歯根の露出が広がります。歯を支える骨が半分以上破壊され、歯のグラつきがひどくなります。放置しておくと歯が抜け落ちてしまうことも。 歯周病の進行段階と症状

表を横スクロールしてご覧ください。

検査
プロ―ピング検査 歯周病の進行段階を把握するための検査です。プローブという針のような金属製の機材を歯周ポケットに入れて検査します。健康な状態では1~2mm程度の深さしかありませんが、重度の歯周炎だと10mm以上になります。
動揺度検査 ピンセット状の器具で歯の動揺度(ぐらつき)をチェックします。動揺度は0度から3度の4段階があります。歯が前後左右に2mm以上動き、上下にも動く場合は「3度(高度)」となります。
口腔内写真検査・レントゲン検査 口腔内のトラブルを視覚的に把握。口腔内写真では見える部分、レントゲンでは骨の状態をチェックします。
位相差顕微鏡検査
(細菌検査)
位相差顕微鏡という解像度の高い顕微鏡を使う検査です。光線の波長などの違い(位相差)をコントラストに変換することで、細菌の種類や活動状況を確かめます。

表を横スクロールしてご覧ください。

ブラッシング
ブラッシング

歯周病は、早期発見できれば症状を食い止めることができます。また、歯を削ったり抜いたりしなくても、ブラッシングをきちんと行って治すことも可能です。人にもよりますが、病状がかなり進んでいても、しっかり歯磨きをすることで治すこともできるのです。

たとえ歯肉炎や歯周病治療のため歯石を取り除いても、歯磨きを怠ると歯垢がすぐにできて治療の意味がなくなってしまいます。これは手術の場合も同様で、歯を磨かないと炎症を引き起こすこともあります。

ですから、歯周病の治療は歯磨きに始まって歯磨きに終わるとも言えるのです。毎日、あるいは毎食後に歯を磨き、その度に「自分の口の中を治療している」と意識することが、健康な歯を保つことにつながるでしょう。

SRP

SRPとはスケーリングとルートプレーニングといういわゆる“歯石取り”を指します。この2つの治療は歯周病を治すためのカギとなる治療です。ここでは、それぞれの治療の特徴についてご紹介します。

スケーリング

スケーラーという器具を使い、歯の表面や歯石のバイオフォルム(細菌の塊)を除去します。肉眼で見える歯石と、ポケットの中の見えない歯石を取る治療です。

毎日歯磨きをしている方でも、歯垢の磨き残しが蓄積される場合があります。歯垢は歯石に変化し、ブラッシングでは取り除きにくくなります。こうした事態を防ぐために、歯石があまり溜まっていない段階からスケーリングを行う必要が生じるのです。
SRP
ルートプレーニング

中等度の歯周病で用いる治療法です。歯石を取ったあとのざらざらした歯の面を平らにしていきます。

中等度の歯周病では、歯周ポケットの内部に溜まった歯垢が歯石化していることがあります。歯根部にプラークが付着すると、細菌の内毒素がセメント質に浸透して汚染セメント質となり、歯石を取り除いても歯肉が歯根の表面にくっつかず、歯周ポケットが改善されにくくなります。そのため、歯石を取り除いたあとにルートプレーニングで汚染セメント質を除去して、歯肉の付着を促す必要があるのです。
SRP

表を横スクロールしてご覧ください。

歯周外科

歯周ポケットの深さが一般的な治療で改善されないこともあります。その場合、外科治療を行って歯周ポケットの深さを減少させる手術があります。ここでは、数種類ある外科治療をご紹介。当院では、患者さまご自身の症状に合わせて、最適の手術をご提案します。

●フラップ手術

麻酔をし、歯ぐきを切り開いてかた歯周ポケット奥にあるプラークや歯石、感染した歯周組織を除去します。
治療後は、切開した歯ぐきを縫合します。

歯周外科

表を横スクロールしてご覧ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング治療は、歯を削ったりセラミックの人工歯を装着したりせずに、薬剤によって歯を白く明るくする方法です。ホワイトニング治療なら、生まれもった歯を傷つけることなく、歯を白くすることができます。

当院では、患者さま一人ひとりとのカウンセリングを大切にしています。患者さまに合った白い歯のご提案をしますので、お気軽にご相談ください。

ホームホワイトニングとは
ホームホワイトニングとは

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングという2種類があります。このうちホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニング。歯科医院で作製した患者さま専用のマウスピースに薬剤を注入し、お口に装着することで白くしていきます。

料金:30,000(税抜)

好みの白さになるまでに時間はかかりますが、ゆっくりと白くしていくことで、色の後戻りが少なくなります。薬剤は必要に応じて追加購入してください。

インターナルブリーチとは
インターナルブリーチとは

神経が死んでしまって黒ずんでいる歯の場合、ホワイトニング治療では白くすることができません。歯の黒ずみはエナメル質の下にある象牙質で起こっているので、エナメル質を漂白するホワイトニング治療では対処できないのです。

料金:10,000(税抜)×回数

こうした歯を白くするのに用いられる方法が「インターナルブリーチ」です。神経がない歯の内部に、歯を白くする薬剤を注入し、歯を白くします。

トップへ戻る