2021/10/18

舌位が変わり出っ歯からきれいな歯列へ

治療前 Before

舌位が変わり出っ歯からきれいな歯列へ

舌が前に出ている

舌が前に出ている 普段舌を前に出していることによって前歯がかみ合っていない。 歯列が狭くなっています スペースが足りなく、重なって生えているところある。頬、口唇の筋肉緊張が強く押されて歯列が四角形の形になっている。

治療中 During treatment

舌位が変わり出っ歯からきれいな歯列へ

治療してから半年です。初診時の時よりかみ合うようになった。

治療してから半年です。初診時の時よりかみ合うようになった。 まだ舌は前に出ている。 歯列の形に変化が見られた。 まだ少し重なっているが前回よりも改善がみられる。

治療後After

舌位が変わり出っ歯からきれいな歯列へ

2年後です。前歯がしっかりかみ合うようになった。

2年後です。前歯がしっかりかみ合うようになった。 噛み合わせも変化した。 きれいな歯列になった。 一番奥の歯が少し内側に入っているがきれいな歯列になった。

症例概要

年齢
6歳11か月
性別
女性
主訴/ニーズ
歯並びがガタガタしている。
治療回数
36回
治療期間
2年
治療内容

K1ーMブロード→K2ーMブロード→マイオタレア → マイオタレアカット → K2ーMブロード

治療のリスク

協力が得られない場合、改善が期待できない。

治療後再度習癖が出現することにより後戻りの可能性がある。

想定される
副作用
マウスピースが擦れることによる歯茎の痛み 顎の周りの筋肉の痛み
費用
56万

医院からのコメント

もともと歯列が大きくガタガタしていたわけではありませんが舌が前に出てしまう癖があり始めは改善が難しかったです。

本人も舌が思い通りに動かすことができず一時期トレーニングが嫌になってしまっていましたが、何とか頑張ってトレーニングに取り組んでくれました。

 

治療後再度習癖が出現することにより後戻りの可能性があるため今後も3か月ごとチェックしていきます。

 

トップへ戻る