2021/11/16

過蓋咬合が1年で改善した症例

治療前 Before

過蓋咬合が1年で改善した症例

嚙んだ時に下の歯が見えない。かみ合わせが深い。

嚙んだ時に下の歯が見えない。かみ合わせが深い。 歯列の横幅は大きい。歯と歯の間にスペースがあり、前歯が斜めに生えている 6歳臼歯が内側に生えてきている かみ合わせが深い

治療中 During treatment

過蓋咬合が1年で改善した症例

治療してから半年です。初診時よりかみ合わせが良くなってきました。

治療してから半年です。初診時よりかみ合わせが良くなってきました。 前歯の傾きが少し改善してきました。 6歳臼歯の角度が変わってきました。 歯列はマウスピースのみで改善していきましたがガミースマイルが気になるということで4ヶ月バイオブロックを使用しました。

治療後After

過蓋咬合が1年で改善した症例

1年経過の写真です。かみ合わせが大きく変化しました。

1年経過の写真です。かみ合わせが大きく変化しました。 前歯の傾きもなくなりました。 きれいに並んでいます。 下の顎が前方に成長したことでかみ合わせも良くなっています。

症例概要

年齢
9歳8ヶ月
性別
女性
主訴/ニーズ
かみ合わせが深い、笑った時の歯ぐきの見え方が気になる、隙間が空いているのが気になる
治療回数
30回
治療期間
1年
治療内容

チューイングブラシ→マイオタレア→マイオタレアカット→バイオブロック(K1)→K2

はじめの2ヶ月はロケットスタート(1週間に1度のトレーニング)を行い、呼吸プログラムを行ってから1ヶ月に1度のトレーニングへ進んだ。

治療のリスク

バイオブロック使用により、舌挙げにくくなり舌突出など悪い癖が現れる可能性がある。

またプラークがつきやすくなるため虫歯のリスクが高くなる。

協力が得られない場合、改善が期待できない。

治療後再度習癖が出現することにより後戻りの可能性がある。

想定される
副作用
マウスピースが擦れることによる歯茎の痛み 顎の周りの筋肉の痛み バイオブロックによる歯の痛み
費用
387000

医院からのコメント

半年治療を行ってから県外へお引越しがあり、治療をどのように行おうか考えましたが、来院できるところはして頂きトレーニングに関してはオンラインを併用して行うことができた。

親子ともにコンプライアンスがよくトレーニングも一生懸命頑張ってくださったことで他の装置を使用せず治療を行うことができた。

トップへ戻る